ゲームクリエイターへの道

学校に通う

トップクリエイターになるには

ゲーム制作の業界ではいくつもの試行錯誤が繰り返されています。ゲームの操作性、キャラクター、ストーリー、販売する機器など、どれか一つでも利用者のニーズから外れてしまうと売れなくなり、評価も下がります。利用者が何を求めているのかをリサーチする力も必要ですし、新しいアイディアも重要になってくるのです。ゲームの専門知識だけでなく、学校を通じていろんな情報や繋がりを持っておくことで役立つ情報や新しいアイディアに巡りあうことが出来るようになるでしょう。

ゲーム制作の仕事に就くには

女性

ゲーム制作の職業

ゲーム制作の仕事は人気の高い職業になります。オリジナリティ溢れるゲームを制作する会社も多く、いつか自分もあの会社で働いてみたい、と思う方も大勢いるでしょう。このような職業に就くためには、専門的な知識だけでなく様々な分野の智識が必要になってきます。ゲーム制作の会社に勤める事が出来たとしても、自分の個性やスキルを活かせるように高い目標を持っておく必要があるのです。自分が制作しゲームが多くの利用者に感動や驚きを与えられるようになるために、専門学校などの学校で基礎から身につけていきましょう。

ゲームの勉強をする学校

ゲームに関する様々な勉強を行える学校が最近増えてきています。一般的には専門学校として設立されているのですが、高校の授業の一環としてゲーム制作に関係するプログラミングの勉強を行なっている場合もあります。専門学校ではゲームを制作するゲームクリエイターの学科とキャラクターを作成するイラストレーター、キャラの印象を決める声優などの様々な学科やコースに分かれています。また複数の学科で一つのゲームを制作する授業を設けていることもあり、プロジェクトとして課題を渡されることもあるようです。

教える講師は現役が多い

専門学校で生徒達に知識や技術を教える講師は、現役のプロが多いとされています。そのため質の高い学習を行なうことが出来るとされているのです。また、現役として働いている講師だから分かる、現場の情報や採用に関する情報などを提供できるので就職に関しても有利になると言えるでしょう。特別講師としての授業で質を高めるのではなく、通常の授業から質の高い授業を行なっている生徒であれば現場でも即戦力になる新人として活躍することが出来るでしょう。全ての専門学校や高校がこのような状況とは言えないので、学校探しの参考にしておくといいですよ。

業界との連携カリキュラム

ゲーム業界でも有名な企業と連携して授業を行なう学校もあります。この取り組みでは、どうすればヒット作品を生み出せるのか、キャラクターの特徴やストーリー性はどう構成していくのかなどの授業を行います。数々のヒット作品を生み出している企業から直接授業を受けることが出来るので、大きな経験値を得ることができ自分の成長に活かすことが出来るようになるのです。また、企業で行なっているゲームの制作方法や生徒自身が考えて、企業にプレゼンを行なうことも出来るので実力のアピールも可能になります。

広告募集中